1. Heavener 風俗まとめ
  2. おもしろ
  3. 【京都】写メ日記ブレイク中☆桜坂なるさんの日記は要チェックですよ!

画像の有効期限切れ

2018年9月12日更新

【京都】写メ日記ブレイク中☆桜坂なるさんの日記は要チェックですよ!

関西でもトップレベルの癒し系アイドルたちが多数集う「京都リップスティック」に最近グングン注目度が上がっている女性が!面白い日記に癒されましょう♪

  • 410
    views

京都リップスティック【ヘルス(スタンダード)/河原町・木屋町・先斗町】

桜坂 なる さん


「にゃ~ん…」
いつもなら眠っている時間、この日は何故か目がさえて、まだ眠っていなかった。
だからその声に気づくことができたのだと思う。
眠っていたら、きっと朝まで気がつかなかった。
「にゃ~ん…」
いつもなら聞き慣れている愛猫の鳴き声。
だけど何かおかしいことにすぐに気がついた。
悲しんでいるような、怖がっているような、助けを求めている声。
誰かがいじめられてるのかな?それにしても何か変だなぁ…
そう思いながら声がする部屋を覗くと、本棚の前に猫たちが集まっていた。
「どうしたんや?誰かいじめられてるんか?」
声をかけると猫たちが振り返る。
ソワソワしていて、なんだかみんな様子が変。
「にゃ~ん…」
再び鳴き声が聞こえた。
そこにいる猫たちの顔を見渡しても、誰も口を開けてないていない。
「???だれ?誰が鳴いてるん?」
ふと見ると、一匹の猫が、本棚をカリカリとツメで引っ掻いている。
「どうした?なんかあるんか?」
そう言いながら本棚に近づくと
「にゃ~ん…」
!!!!!
鳴き声が、本棚の裏から聞こえる!!
え?え?なんで!?
猫が入れるすき間なんてないよ!!?
横の隙間から本棚の裏を覗くと…
はさまってるーー!!!!
あり得ない狭さに挟まって、身動き取れなくなってるー!!!
「あかんあかんあかん!!」
子猫ではなく、もう大きな大人猫。猫姫様がそこにいた。
ガッチリ挟まり、身体が柔らかい猫ですら身動きが出来なくなっている。
本棚を前にずらそうとしても、とても無理だった。
「にゃ~ん…」
苦しいよぅ
そう言っているように聞こえた。
いや、自業自得やけどな!?
「ちょ、ちょっと待ちや!」
私はとにかく本棚の本を全部床に出すことにした。
上の段を出す。
まだ動かせない。
2段目も出す。
まだ動かせない。
3段目の本を全部出した所で、なんとか前に引っ張れば、本棚を傾けるまでにはなった。
左腕で本棚を支えながら、右腕を裏にツッコむ。
なんとか猫姫様に手が届くけれど、本棚を支えながらなのでなかなか抱きあげることができない。
つ、
つる…!!
首と脇腹がつりそう。
それでも
「おりゃあ!」
と思い切って更に右腕をツッコミ、左腕に力をこめて棚を支え、そのまま猫姫様を抱きあげることに成功した。
抱きあげた猫姫様は相当怖かったのか、しばらく私の腕の中から動こうとしなかった(抱っこが嫌いなので、いつもなら5秒もじっとしない)
怖かったなぁ
痛かったなぁ
もう大丈夫やで
よぅ頑張ったなぁ
声をかけながら身体を撫でてやると、しばらくして落ち着いたみたいで、自分から床に降りた。
歩かせてみても、骨に異常もなさそうで、怪我も特にしていなかった。
よかった…
ほっとした私を待っていたのは
床に散らばった大量の本の片付けであった(AM1:00)
いやもうほんと、なんであんなことになっていたのかよくわかりません。
多分、何匹かで本棚の上に飛び乗った時に、その衝撃で棚が揺れて、一瞬出来た隙間に落ちてしまったのではないかなと思います。
そんな揺れる棚、安定悪くない?
そう思われるかもしれません。
実際安定悪いんです。
コーナンで買ってきて、自分でコツコツ組み立てたやつなんで。
この件で、既製品のちゃんとした本棚買わないといけないと思いました。
(^ω^)(^ω^)(^ω^)
本日も17時までリップにいさせていただきますので、お時間合うようでしたら宜しくお願い致します(^^)

可愛い猫ちゃんとの生活の様子も度々アップされてます!

猫ってよく飛び回りますよね~


9月に入っても、残暑が厳しそう…
そう思っていましたが、9月初日の昨日から、夜がかなり涼しかった!
今朝も空気がひんやりしていて、昨日帰宅してから今朝家を出るまで、エアコンなしで過ごせました(^^)
いつもは暑いので、アイスノンして寝ているのですが、それもいらなかった!
昼間はさすがに31度くらいまでにはなるみたいなので、安定の28度設定で、猫達用にエアコンはつけてきましたが(・∀・)
これからこの気温で安定してくれたら過ごしやすいんですけどね~。
寝るときに窓開けてるのが気持ちいいのはいいんですが、ベランダにカメムシが来ていて戦々恐々でした。
カメムシは私にとって永遠のテーマ…
しかもそのカメムシを
「おらぁ~!かかってこいやぁ!びびってんじゃねぇぞ!!」
って煽りながら、網戸バンバン叩く猫達。
(^ω^)(^ω^)(^ω^)
本日も17時までリップにいさせていただきますので、お時間合うようでしたら宜しくお願い致します(^^)

カメムシの臭いって独特ですよね…

バシバシして肉球からカメムシの臭いがしたら悲しい限り><


ベビーパウダーの季節がやって参りました。
なつかし!
子供の頃に使ってた!
という方も多いのではないでしょうか。
私は今でも使うさ。
特に最近の暑さであせもができちゃって。
ほら?
私クラスのパイオツカイデーだと?
パイオツのターシーがムーレーっていうか?
女特有の悩みだよねー
って1回言ってみたい。
私のパイオツのターシーは、風通し抜群です。
なんなら風の妖精とか住んでると思う。
あせもができたのは、肘の内側と首回りです。
赤ちゃんと同じです。
ベビーパウダーってほんとにすごいんですよ!
汗をしっかり吸着してくれるので、かゆみがとまる!!
尚且つ香りもいい!
でもこれ気をつけないと、ニャンコ部隊にイタズラされた日にゃあ、どえらいことになる。
床一面とか、目も当てられない。
でもその粉を踏んで、てんてんと肉球の足跡がついているところを想像すると、キュンとしちゃう(●´ω`●)

床一面のベビーパウダー…

想像しただけでぞっとします

しかしそれをほっこりさせちゃうほどの猫の可愛さって罪ですよね


おぅれーはジャイアーン がぁきだいしょ~♪
この歌は、老若男女問わず、誰しもが一度は耳にした歌ではないでしょうか。
歌を歌うという行為で、人の耳、及び脳にまで影響を及ぼすことができる生物兵器ジャイアン。
そんなジャイアンは、作詞作曲も自分で行うシンガーソングライターを目指しているわけですが、(現実の)プロの見解からすると、
「歌詞が完璧」
と言っていたと聞きました。
ジャイアン、まさかの天才作詞家。
彼はそっち方面の道に進むのが宜しいかと。
しかし、私は思いました。
「…ジャイアンの歌ってどんな歌?」
そう。
おれはジャイアンガキ大将
このフレーズしか思い出せません。
あとはホゲ~としか。
そんなわけで調べてみました!
プロが絶賛するジャイアンの歌詞とはどんなものか?
それがこちら!↓
『おれはジャイアンさまだ』
俺はジャイアンガキ大将 天下無敵の男だぜ
のび太スネ夫目はじゃないよ 喧嘩スポーツどんとこい
歌もうまいぜまかしとけ
「なんだよなんだよヌカミソに水足しとけなんて
そりゃないよかあちゃん」
俺はジャイアンガキ大将 町一番の人気者
勉強宿題目じゃないよ 気は優しくて力持ち
顔もスタイルも抜群さ
「うっせえうっせえ のび太スネ夫
俺が自惚れてるだって? そんな事言うとおまえら
ギ~ッタンギッタンだぞ~ぃ」
俺はジャイアンガキ大将 学校一の暴れん坊
ドラもドラミも目じゃないよ 四次元ポケットなくたって
足の長さは負けないぜ
…いかがでしょうか?
正直、私には歌詞云々の知識はないので、それが良いのか悪いのかの判断はできません。
できませんが、一つだけわかることがあります。
つっこむとこ多すぎやろ!
『気は優しくて力持ち』
力は確かにあるけれど、気が優しいのは映画版のみじゃないか。
『歌も上手い』は、生物兵器なので論外です。
『顔もスタイルも抜群さ』
顔に関しては好みもあると思うので一概に判断できませんが、スタイルは明らかにデブです。
『足の長さは負けないぜ』
比較対象が、2等身であるドラドラミ。そこに勝って「どやぁ」言われても…
いやでも、こうしてみると面白いものですね!
過去に、「俺の歌100曲入りテープ」を人様にプレゼントしていたので、歌のストック数もなかなかのものです。
なによりぶれない芯の強さは賞賛に値いします。
母親に「近所迷惑な歌はやめな!」とまで言われているにも関わらず、歌手になるという夢を諦めない姿勢は見習いたいものです。
因みに、私の1番のお気に入りフレーズは
ぎったんぎったん(笑)
使お(笑)

好きこそものの上手なれ

とは言いますがなかなか歌唱力が上がらないんですよね、彼。

歌が上手いじゃいあんはちょっと寂しいかもしれないですね


風俗店には、グリンスというものが大体常備してあります。
簡単に言うと、消毒液ですね。
衛生面や清潔面で言うと必須アイテムです。
お店に着いて、部屋のセットをしていると、グリンスが置いてないことに気づきました。
予備がどこにあるのかわからなかったので、内線にてスタッフに持ってきてもらうことにしました。
リコーダースタッフ「はい、どうしました?」
私「あ、すいません。ワセリン置いてないんですけど」
リコーダースタッフ「…ワセリン?」
私「はい、ワセリン」
リコーダースタッフ「…ワセリンですか…?」
私「………」
リコーダースタッフ「……」
Σ(o”д”o)ハッ!!
私「あ!ちゃうちゃう!!ワセリンちゃう!あのー、ほらあれ…えーっと」
リコーダースタッフ「…あぁ!あれですね、あのーあれ…えーっと」
私「あー、なんだっけな。名前が出てこない。あの、ほら、えー…グリセリン…いや、ちゃう。」
リコーダースタッフ「ああ、まぁわかります。持っていきます」
最後まで二人とも名前が出てきませんでした。
なんかちょっとかわいそうな二人。
ワセリンて。
これはあれですね。
夏の暑さのせいです。

京都の暑さってすごいですよね

カタカナって紛らわしいんですよ…


今は夏休みだからか、近所のスーパーには、遅い時間になっても子供連れで買い物に来ている人が多い。
夜に家族で外出していることが楽しいのか、子供たちは走り回って遊んでいる。
その日も走って行く一人の女の子とすれ違った。
その瞬間、なんだか不思議な感覚に襲われて、思わず振り返ってしまった。
その女の子は、小学生時代の、姉に似ていた。
私はいつも姉と遊んでいたので、駆けていく女の子と、姉と遊んで走っていた子供の頃の自分が重なって見えて、とても懐かしい気持ちになった。
それと同時に少し寂しくなったのは、あの頃がもう戻らない日で、あの頃はその日その日を生きることだけしか考えていなくて、守られていて、何の心配も無く明日という日は楽しくなる日だと信じていたからでしょうか。
走って行くだるまみたいな女の子のシルエット
走って行くだるまみたいな私とだるまみたいな姉のシルエット
あの頃姉妹でデブチンでした(笑)
走って行く女の子がまぁ良い感じにふくよかで、余計にデジャヴです。
どのくらいデブだったかというと
私は小六で138センチの、まぁまぁ小さめサイズだったのですが
体重が44キロでした(笑)
体重だけ大人(笑)
姉も全く同じ丸さで
お互いに
「おい、ブー」
「なに?ブー?」
と、棚上げしまくり罵りまくり。
その会話を横で聞いていたオトンが
「二人ともブタやwww」
と笑っていたのをよく覚えています(笑)
今でもことある毎にオトンにネタにされる(笑)
「二人ともブタやのに、お互いをブタ呼ばわりしていた」
と。
親の管理不足やで!(笑)

今のスレンダーさからは想像できないですね!

いい思い出になっているならよしですよ!


今となっては懐かしい、会話の中で思い出したこと。
人見知りが激しすぎた子供時代、小学校は登校拒否になり、ほとんど行ってなかったんですよね。
今でこそこんなですけど、子供の頃はピュアピュアやったのよ!
そんなだから、性教育に関する知識が無くて、知るのに時間がかかったように思う。
私、女の人は産まれたときからお腹の中に赤ちゃんがいて、
女の人が成長すると共にお腹も大きくなり
20歳になったら必ず産まれるもの
だと思っていました。
ピュアピュア!
って言うかその場合
男の存在意義というものについて考えなければならなくなってしまうわけなんですけど。
でもあれですね。
性教育で正しい知識を学べたことはなく
性のあり方について教えてくれたのはAVでした。
実はみんなそうなんじゃない!?
でもそのまんま、AVを教科書にするのは失敗の元である。
(^ω^)(^ω^)(^ω^)

20歳で必ず生まれてくれたらいいんですが…!

誰でも一度は通る道ですよね


いかがでしたか?

ボリュームたっぷりで見応え抜群の写メ日記にヤミツキになる方続出中!

ぜひお気に入り登録を!

名前

公開まで少々時間がかかります。
※不適切な回答は公開されませんのでご了承ください。

このまとめをみんなに紹介しよう!

アクセスランキング